契約時と解約時の注意点

生命保険の比較RANKING

生命保険は契約時・解約時ともに注意点をよく把握して行動する必要があります。

生命保険ランキングTOP > 契約時と解約時

契約時と解約時の注意点

生命保険はいざという時のための保険なので、契約する際は慎重に行う必要があります。

特に契約内容に勘違いや誤解が生まれると、もしもの場合にトラブルに発展する場合がありますので、注意が必要です。

また、契約時は解約することまで頭が回らないものですが、何らかの理由で解約することになった場合は、自分に不利にならないよう立ち回ることが大切です。

ここでは、契約時と解約時の注意点をそれぞれ紹介します。

契約時の注意点

生命保険の契約時に注意したい点は3つあります。

1.担当者の質

生命保険は短期でも数年~10年以上、長期だと一生涯契約する商品となります。

それと同時に、長い付き合いとなるのが保険担当者です。

保険担当者は万一の場合の手続きはもちろん、保険に関する疑問・質問にも対応する相談役ですので、信頼のおける相手を選びたいところです。

逆に言うと、営業成績を伸ばしたいがために、余計な特約を勧めてきたり、強引な勧誘を行うところは不信感を募らせる原因となりますので、長期契約は避けた方が無難でしょう。

2.契約書・約款の確認

生命保険に加入する場合、必ず記入しなければならないのが契約書です。

契約書には細かい保障内容や規約などが記載されており、契約書にサインすると、これらすべての内容を承諾したことになります。

契約書は細かい文字でいろいろなことが書かれているので思わず飛ばし読みしてしまいがちですが、内容を把握せずにサインしてしまうと後のトラブルにつながるので、よく確認しておくようにしましょう。

また、契約後に受け取る契約約款には、契約書よりもさらに細かい規約などが記載されていますが、こちらも細かい部分までしっかり確認し、わからないところがあればどんどん担当者に質問しましょう。

ちなみに、契約約款は契約後ではなく、あらかじめ契約前に見せてもらい、細部までチェックしておくのがベストです。

解約時の注意点

生命保険を解約する際に注意しておきたい点は2つあります。

1.乗り替えた後に解約する

生命保険の乗り替えを検討している場合、先に契約を解約してしまうと、思わぬトラブルに見舞われる可能性があります。

たとえば、過去に患った病気などが原因で新しい生命保険に加入できなかった場合、今後の生活保障がなくなってしまいます。

また、解約してから乗り替えまでにある程度時間をかけてしまうと、空白期間が生まれてしまい、その間に万一のことがあると保障を受けられなくなってしまいます。

そのため、生命保険を乗り替える場合は、新たに契約してから古い方の生命保険を解約するようにしましょう。

2.予定利率の高い生命保険

掛け捨てタイプの定期保険の場合は問題ありませんが、もし養老保険など貯蓄タイプの生命保険に加入していた場合、予定利率が高いと解約することでかえって損をする可能性があります。

損をするかどうかは予定利率によりますが、一般的に5%程度ある保険は『お宝保険』と呼ばれ、解約すると損をする確率が高くなります。

よって、解約前に予定利率をよく確認し、高いようならそのまま継続して加入しておいた方がよいでしょう。

アメリカンファミリー生命【アフラック】

病気もケガも一生涯保障! 充実の保障内容・保険料をチェック
www.aflac.co.jp

第一生命

生涯設計からあなたに最適な保険商品をご提案。 ご契約者向けのサービスも充実
www.dai-ichi-life.co.jp

ライフネット生命

「オリコン顧客満足度ランキング医療保険部門」(2010年10月発表)で総合第1位に選ばれました!
www.lifenet-seimei.co.jp/

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 生命保険の比較ランキング All Rights Reserved.